HOME > 株主・投資家の皆様へ > IR情報 > ディスクロージャー・ポリシー

株主・投資家の皆様へ investor relations

ディスクロージャー・ポリシー

  • 印刷

1.会社情報の適時開示に係る基本姿勢

 当企業グループは、「法令遵守および高い倫理観のもと良識に従い行動する」および「正確な企業情報を適時に開示し、企業活動の透明性を高める」ことを企業行動憲章に掲げ、これを実践することにより、あらゆるステークホルダーとの高い信頼関係を構築してまいります。

2.情報開示の方法

 国内関係法令および株式会社東京証券取引所の適時開示規則等で開示が定められている情報については、金融庁の電子開示システム(EDINET)、株式会社東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)、当社のホームページ等を通じて開示いたします。
 それ以外の情報につきましても、当該情報の内容に応じて当社のホームページの掲載等、適切な方法により開示いたします。
 なお、当社のホームページについて、適時開示された情報については、情報公開後できるだけすみやかに掲載することを原則としておりますが、当社のホームページは、適時開示を行った情報の一部を含め、当社が発信する全ての情報を掲載するものではありません。また、情報通信技術上の障害等により掲載が遅れることがあります。
 当社のホームページのご利用にあたっては、別途掲載しているサイトポリシーもご参照ください。

3.コミュニケーションの充実

 当社は、適時開示や当社のホームページ等による情報発信に加え、決算説明会の実施や株主・投資家の皆様からの日々のお問合せに対する回答を通じて、コミュニケーションの充実に努めています。
 また、株主・投資家の皆様からいただいたご意見、ご要望等の情報につきましては、社内で共有し、企業価値の向上に向けて、サクサグループ経営の参考といたします。

4.沈黙期間について

 当社は、決算情報の漏洩防止および情報開示の公平性確保のため、決算日から決算発表日までを沈黙期間とし、この期間については、決算に関するお問合せへの回答やコメントを控えることといたします。

5.将来の見通しについて

 当社が開示する情報に含まれる業績予想、将来予想などの将来の見通しは、現時点における事業環境に基づき当社が判断した予想であり、今後の事業環境により実際の将来の見通しと異なる場合がございますのでご承知おきください。