HOME > サクサのユニバーサルデザイン > ユニバーサルデザインとは?

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは?

ユニバーサルデザインの7つの原則

ユニバーサルデザインとは、ユーザーはじつは多様な人々であり、あらかじめそうした多様なユーザーを意識し、理解して製品やサービスや環境をデザインする態度を指し示したものです。この考え方の中核となるのがノースカロライナ州立大学センター・フォー・ユニバーサル・デザインのロナルド・メイス氏が中心となってまとめた「ユニバーサルデザインの7つの原則」です。この原則には、UDの考え方を導入するために意識すべき様々なヒントが盛り込まれています。サクサでは、この考え方を積極的に取り入れ、ユニバーサルデザイン商品開発を日々おこなっています。

ユニバーサルデザインの7つの原則

  • 原則 1
    公平な使用への配慮 (Equitable Use)
    どのような人にでも公平に使えるものであること
  • 原則 2
    使用における柔軟性の確保 (Flexibility in Use)
    多様な使い手や使用環境に対応でき、使う上での自由度が高いこと
  • 原則 3
    簡単で明解な使用法の追求 (Simple and Intuitive Use)
    製品の使い方が明解で、誰にでも積極的にすぐ理解できること
  • 原則 4
    あらゆる知覚による情報への配慮 (Perceptible Information)
    必要な情報が、環境や使い手をめぐる能力に関わらず、きちんと伝わること
  • 原則 5
    事故の防止と誤作動への受容 (Tolerance for Error)
    事故や危険につながりにくく、安全であり、万一の事故に対する対策を持つこと
  • 原則 6
    身体的負担の軽減 (Low Physical Effort)
    からだに負担を感じないで自由、快適に使えること
  • 原則 7
    使いやすい使用空間(大きさ・広さ)と条件の確保
     (Size and Space for Approach and Use)
    使い手の体格や姿勢、使用状況にかかわらず、使いやすい大きさと広がりが確保できること