HOME > サクサのユニバーサルデザイン > サクサユニバーサルデザイン活動

ユニバーサルデザイン

サクサのユニバーサルデザイン活動

1. サクサユニバーサルデザイン7原則を制定しました。

ユニバーサルデザインの提唱者(ていしょうしゃ)ロナルド・メイス博士のユニバーサルデザイン7原則の英語原文に独自の解釈(かいしゃく)を加え、「サクサユニバーサルデザイン7原則」を制定し、商品企画から販売後のメンテナンスにいたるまで、この7原則を配慮(はいりょ)したモノづくり、サービスに取組んでいます。

サクサ ユニバーサルデザイン7原則

  • 原則 1 どのような人も公平に使える
  • 原則 2 使い手や使い方に対して柔軟性がある
  • 原則 3 使い方が明解で直感的に理解できる
  • 原則 4 使い手に適切な情報を提供している
  • 原則 5 安全に使え、使い方を誤っても安心である
  • 原則 6 身体や知覚への負担がなく快適に使える
  • 原則 7 使う体勢や大きさ、広さについて十分考えられている

2. 様々な人が使えるか?本当に使いやすいか?を評価しています。

商品企画、設計、販売等の各開発ステップで製品のユニバーサルデザイン達成度をサクサ7原則に基づく37項目の具体的なチェック項目により評価しています。評価、改善をくり返すことで、「1人でも多くの人にとってより使いやすい商品」を実現しています。

3. 全社員対象のユニバーサルデザイン研修会をおこなっています。

ユニバーサルデザイン基本理解のための研修会を全社員を対象に行い、全社をあげてユニバーサルデザインに取り組む体制を整えています。

4. ユニバーサルデザイン商品開発にチャレンジしています。

サクサは、「1人でも多くの人にとってより使いやすい商品」をつくるために、サクサ独自のユニバーサルデザイン開発プロセスを導入し、成果をあげています。