HOME > お客様への重要なお知らせ > UTM統合脅威アプライアンス「SS3000シリーズ」ライセンス有効期間終了のお知らせ

お客様への重要なお知らせ

  • 印刷

UTM統合脅威アプライアンス「SS3000シリーズ」ライセンス有効期間終了のお知らせ

弊社UTM(統合脅威アプライアンス)SS3000シリーズを長らくご愛顧いただき誠にありがとうございます。

「SS3000シリーズ」製品は2014年11月出荷を開始しており、今後ライセンス有効期間が段階的に終了し、最新のウイルス定義ファイルの更新ができなくなりますのでご注意ください。

今後は、後継機種のSS5000Uシリーズをご検討いただけますよう、よろしくお願い申しあげます。

1. SS3000シリーズとライセンス有効期間

【Std】 ライセンス有効期間 【Pro】 ライセンス有効期間
SS3000Std 5年 SS3000Pro 5年
SS3000StdPlus 6年 SS3000ProPlus 6年
SS3000StdPlus+ 7年 SS3000ProPlus+ 7年
SS3000Std(α) 5年 SS3000Pro(α) 5年
SS3000Std(α)Plus 6年 SS3000Pro(α)Plus 6年
SS3000Std(α)Plus+ 7年 SS3000Pro(α)Plus+ 7年

2. SS3000出荷開始日

SS3000の出荷開始は、2014年11月4日です。

3. ライセンス有効期間の終了日について

SS3000シリーズには、ライセンスの有効期間が5年、6年、7年の製品があります。
ライセンス有効期間の終了日は、機器設置した翌月から5年、6年、7年後の月の末日となります。

例1:SS3000Stdを2014年11月10日に設置→ライセンス終了は、2019年11月末日です。

例2:SS3000StdPlusを2014年11月10日に設置→ライセンス終了は、2020年11月末日です。

例3:SS3000StdPlus+を2014年11月10日に設置→ライセンス終了は、2021年11月末日です。

例4:SS3000Stdを2014年12月15日に設置→ライセンス終了は、2019年12月末日です。

例5:SS3000StdPlusを2014年12月15日に設置→ライセンス終了は、2020年12月末日です。

例6:SS3000StdPlus+を2014年12月15日に設置→ライセンス終了は、2021年12月末日です。

4. ライセンス期間終了について

SS3000は、ライセンス期間が終了しても、メールの送受信、ホームページの閲覧等の作業はできますが、ウイルス定義ファイルの更新が止まり、メールやインターネットからの脅威に対し、お客様の大切なパソコンを保護できなくなります。ライセンスが終了する前に、後継機種への切り替えをご検討ください。

また、ライセンス終了後のSS3000配下のパソコン等において万が一ウイルス感染した場合など、弊社は責任を負いかねますので、ご注意くださいますようお願いいたします。

5. 後継機種

SS5000Uシリーズ

6. お問い合わせ

本件に関してご不明な点がございましたら、弊社お客様相談室へご連絡下さいますようお願いいたします。

問い合わせ先 0570−001−393 または (050)5507‐8039

受付時間   平日9:00〜12:00 13:00〜17:30(祝祭日および当社休日を除きます)