製品・システム情報 product/system

サクサファイルサーバ SB2100 販売終了

  • お問合わせ
  • 印刷
  • TOP
  • 特長
  • (A)シリーズ
  • システム構成
  • 仕様
  • カタログダウンロード

(A)シリーズ

「オフィス管理機能」を搭載

SB2100(A)シリーズは、各PCにクライアントソフトをインストールすることで、端末情報が定期的に収集・分析 され、作業内容やファイル作業履歴の「見える化」が可能になります。また、個人情報を含むファイルの検出機能 や、ソフトウェア利用禁止機能、USBメモリや外付けストレージの利用制限、透かし印刷機能などの社内ネットワーク のセキュリティ向上機能も備えています。

個人情報ファイル検出

社員PCに保存されている「個人情報ファイル」を1日1回検索し、対象 ファイルの情報をログとしてSB2100(A)シリーズに保存します。

PCファイル操作ログ

社員のPCで操作したファイルの履歴を残します。

情報漏えい

Webサイトの閲覧ログが取得可能!

不正アクセス

会社全体や個人の作業内容をグラフ表示や一覧表で分析可能!

外部記憶媒体利用制限

外部記憶媒体の利用ログや利用制限が可能!

利用禁止ソフトウェア

業務に関係ないソフトウェアを利用禁止に!

印刷コスト管理

1ヶ月間に印刷したプリントの枚数とコストを自動計算!

ポリシー設定

ポリシー設定でグループ別の設定が可能!

その他

  • PCにインストールされているソフトウェアを自動集計できます。
  • 透かし印刷により、印刷物に日付やPC名を自動で追加できます。
  • サーバエージェント機能で、SB2100共有フォルダのファイル操作を監視できます。
  • 個人情報検出/マイナンバー検出は、指定した拡張子のファイルが検査対象となります
    ( よく使用されるファイルの拡張子はデフォルトで指定済み)。
  • SB2100(A)シリーズStd/Proラインアップ共に初期ライセンスは10クライアントです
    ( 追加10クライアントライセンスがあり、最大50クライアントまで増設可能 ※30クライアント以上はメモリの追加が必要)。
  • 設置済みSB2100に対してはアプリ購入が可能です。