製品・システム情報 product/system

PLATIA 販売終了

  • お問合わせ
  • 印刷
  • ユーザーダウンロード
  • TOP
  • 特長
  • 主な機能
  • ラインアップ
  • システム構成
  • 仕様
  • 仕様
  • カタログダウンロード

IP Solution

IP電話でコストダウン[ひかり電話/KDDI 光ダイレクト/FUSION IP-Phone]
IP電話でコストダウン<span>[ひかり電話/KDDI 光ダイレクト/FUSION IP-Phone]
  • 全国一律料金 8円(税抜)/3分 ※1
  • 電話番号はそのままでOK
  • 外付けアダプタなしで収容可能※2
  • Standard:16ch、Professional:32ch、Ultimate:192ch
※1 すべての番号に対しての料金ではありません。詳細は通信業者にご確認ください。
8円(税抜)/3分で通話できるのは、国内一般電話や他社IP電話への通話のみです。
※2 主装置に対応サービスごとのパッケージ実装が必要です(オプション)。
  • 対応サービス
※3 ひかり電話利用時のIPアクセス回線はフレッツ光ネクスト専用となっています。Bフレッツには対応していません。
※4 KDDIのIP電話サービスは、「KDDI 光ダイレクト」「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」「auひかり ビジネス」の3つの法人向けIP電話サービスで利用可能となります。
現在ご利用の電話番号がそのまま利用できない場合があります。
お客様の料金プランによってはコスト削減にならない場合があります。
2014年10月現在の料金です。
IPKDユニットで「KDDI 光ダイレクト」を利用時にIP電話と同時にインターネットを利用する場合、別途ルータの設置が必要です。
お得な回線に自動優先接続 [IP電話対応 ACR]

発信する相手先番号に応じて自動的に、事前に指定された(お得な)回線から発信します。

お得な回線に自動優先接続[IP電話対応ACR/IP電話外線自動選局]
多拠点をインターネットVPNで簡単接続[SIP専用線+VPNルータパッケージ]

VPNルータパッケージを利用することで※1、高速&セキュアなVPNを簡単に構築できます。PLATIAを使って東京から大阪の事務所を内線番号で呼び出したり、外線着信を保留転送で他拠点の内線へ転送することも可能になり、業務効率の向上を図ることができます。また外出先・他拠点からインターネット経由で、社内ドキュメント(見積書/カタログ参照、ライブ映像)などにもセキュアなアクセスが可能になります。

他拠点同士で内線通話<span>[SIP専用線接続]

※1 ZC1000を利用しても、同様の機能をお使いいただけます。VLANの構築はできません。

携帯電話が内線電話に[FMCサービス]

内線番号での発着信で、モバイル端末※1とオフィスのPLATIAとの通話料が定額になる各キャリアのFMCサービスを利用※2できます。

携帯電話が内線電話に[FMCサービス]

利用可能FMCサービス

※1 法人契約のFMCサービスに対応した携帯電話をさします。

※2 主装置に対応サービスごとのパッケージ実装が必要です(オプション)。

オフィスのどこでも通話が可能に[システムコードレス]

オフィスの各所に専用の基地局を設置することで、広範囲にわたってシステムコードレス電話が使えます。移動しながらの 通話や待ち受けも内線・外線を問わずに可能なので、離席の多いキーマンでも確実にキャッチします。

相手の内線にダイレクトアクセス[IP電話自動交換]

IP電話回線やISDN回線を利用することで、拠点間のPLATIA内線電話機をダイレクトで呼び出すことができます。 各内線番号をグループ化しておけば、一斉呼び出しも可能です。