製品・システム情報 product/system

火災通報装置 SD-205F

  • お問合わせ
  • 印刷
  • TOP
  • 特長
  • システム構成
  • 仕様
  • カタログダウンロード

特長

119番へ自動通報

火災通報ボタンをワンタッチで押すだけで、簡単自動通報。 また、通報時に電話を使用していても、強制的に切断し、119番通報を優先します。

119番へ自動通報
火災専用電話機なしでも火災通報機能を実現

本体に通話割込ボタンと応答確認ランプを付け、通報時の通話割込みまたは通報取り消しが可能です。消防署との通話はお持ちの電話機でできます。

火災専用電話機が最大16 台まで接続

火災専用電話機は、設置先の規模により電話機増設装置を併用することで最大16台まで接続できます。

DP / PB の自動切替

使用回線に合わせて自動的に選択します。

音声で必要なメッセージを(不定フレーズ録音は弊社にて行います)

119番への通報メッセージは、住所や名前(不定フレーズ)が録音できます。また、あらかじめ決められた固定フレーズと組み合わせて送出することができ、消防機関が必要とする情報を正確に伝えることができます。

内容 固定フレーズ 不定フレーズ 固定フレーズ
火災通報釦操作時 ピピピ・ピピピ
火事です・火事です
住所、名前など
個別メッセージ
(16秒以内)
逆信してください
(119番通報時のみ)
自動火災報知設備連動時 ピンポン・ピンポン
自動火災報知設備が作動しました。

(注:不定フレーズの内容は、事前に所轄の消防署と打合せして下さい)

停電時でも通報

最大負荷の場合、1時間待機後10分間の通報動作が可能です。外部電源供給がない場合、6時間待機後10分間の通報動作が可能です。

一般通報が16 ヶ所まで登録

119番通報以外に、知人・関係者宅など最大16 ヶ所まで自動通報できます。(注:消防署から逆信中には通報できません)

IP 電話回線のご利用にあたっての注意事項

本装置は、インターネットプロトコルを使用した電話回線(IP電話回線)に接続することが認められている火災通報装置です。 本装置をIP電話回線に接続してご使用になる場合は、以下の確認お願いします。

ご使用になるIP電話回線で消防機関への発信が可能なこと。

ご使用になるIP電話回線で消防機関からの呼出信号を受信可能なこと。

一般電話機やFAX等、同一のIP電話回線に接続する他の機器等が行う通信の影響により、本装置の機能に支障を生じる恐れのない回線契約および接続位置とすること。

ご使用になるIP電話回線を構成する機器(回線終端装置等)が存在する場合、それらの機器に対しても、停電時に火災通報装置と同等の動作時間を保証とする予備電源が必要となります。

ご使用になるIP電話回線の契約内容、回線終端装置等の設定によっては、消防機関との通話ができない可能性がありますので、詳細につきましては使用回線の通信事業者へご相談ください。

上記以外にも設置に関する条件がございますので、関係する省令、告示等をご確認願います。